眼に花鼻に粉そしてドクロ

黄砂とか花粉とか、粉末飛び交う三月のコンクリートジャングルですね。
花粉症持ちには辛い季節。
「鼻ノア」がともだちです。

舞踏家の大野一雄さんの本を読んだんだけど、
がっつーんと来る言葉がいっぱいだった。
印象深かったのが、稽古場で生徒に話してるのを録音して
原稿に起こしたかたちの本。
大野一雄 稽古の言葉」(フィルムアート社) です。

何かを表す時の、一人の人間の中の宇宙の動きの、
一瞬の世界に詰まってる魂の絵みたいなものを見れる気がする言葉。
うーん。全然うまく表現出来ないですが。
よかった。

寒かったからストーブつけて読書に耽ってたら、あら大変びっくり
夢中で読んで気づかないうちに服がちょっと溶けてた。
近づき過ぎてたのね。変な匂いすると思った!
火傷もせず無事だけど、、焦げた形が髑髏の様でぞっとした。
不気味でエロス。




また素敵な飲み屋さんみつけてしまった。
こうやって私の道草ちどり足コース、拡大してゆく。
ああまた明日も頑張れるってもんです!