シュールでコミカルでロマンティック

昨日突如、母から送られてきた、
「コドモノクニ名作選」に、夢中です。

春夏秋冬ってあって、たのしい!




武井武雄さんの絵が大好きなので
にやけながら、読んでます。
子どもを子ども扱いしない淡々とした世界観がたまらん。



そして、他にも、素晴らしいイラストレーターが沢山で、モダンな色使いとか斬新な構図に目を奪われる。。



可愛いの中のシュールがすてき。



詞や歌だけじゃなく、お話も載ってる。





波止場、ネオン、カフェ、などなど1930年代頃の時代の空気がびしびし感じられて、
めっちゃ興味深い。

とても子ども向けの雑誌だったなんて思えず
グラフィックアートとして楽しんでます。
童謡全盛期の時代のアート。
北原白秋、西條八十、金子みすゞ、サトウハチロー、などの独特の世界が、
鮮やかに彩られてます。


とてもお洒落で眩しい感じ。




コドモノクニって、、、、
こんなん大人の楽しみだわ。

「コレハ ナンデセウ」



幼稚園児や小学生がこれを毎月読んでいたなんて、とっても嫉妬☆









トラックバック
この記事のトラックバックURL