半笑いで、風呂が沸くのを待つ夜半

今日(もう昨日か)は人形町かくれんぼで弾き語りでした。
初めて来てくださったご機嫌な団体様と大合唱してみんなと握手までしてお開きになった
愉快な夜でした。が、

家に帰ってお風呂沸かしながら今日買った本を何気なく読んでいたら面白くて夢中になり
時間を忘れ湯船が沸騰しました。

尼崎出身のファッションデザイナーがアバンギャルドな家族の日々を綴った、
「株式会社 家族」( 山田かおり著 リトルモア刊 )
という本。

web上で更新されてた日記に加筆して本になったもので
短いエピソードがたくさん収められているので読み易く、どの話にも笑かされますの。
ちょっとした隙間時間の笑い補給におすすめです。

これで今週も生きていけるわ。と思います。

風呂釜やばいけど。

2010051801140000.jpg
トラックバック
この記事のトラックバックURL