バッドガールの歴史



            






一気読みでした。

明治から第二次大戦前の昭和の時代に東京を跋扈した
すれっからしガールたちのヒストリーが、事件をルポタージュした形で書かれていて、
新聞記事とか文献を掘り起こしてあるからドラマチックになりすぎず、
でもその実話エピソードが面白くて一気に読んでしまいました。

「ガルボのお政」、「ジャンヌダークのおきみ」、
タイピストやショップガールらモガを束ねて結成された丸ビル「ハート団」
などなど、その他、色んなビッチたちが登場します。

転落人生の壮絶さを思うと面白いなんて不謹慎かもしれませんが
それよりも、激動の近代化の時代を生き抜いた不良少女らの、
ろくでもないけど逞しい生き様に、スカッとさえしてしまいましたわい。

おばあちゃんの時代の悪女たちは凄かったんだな〜!







トラックバック
この記事のトラックバックURL