on going

 

 

 

展覧会のタイトルは、美術館の方で決まっていたものだそう。

 

過去作品の回顧やレトロスペクティブじゃなくて、

なるべく直近の、ということで開催されている作品展でした。


森山大道'sTOKYO ongoing @東京都写真美術館


粗い粒子の、ハイコントラストの、この作風✭

 



on going 今見れて良かった。

 

60年代の、何かが蠢くザ・都会なカオスではなくて

今のこの時間の都市東京の、混沌。。

 

 

地方都市感が強まってきてる最近の東京の街ののっぺり感も

森山さんのイメージを通してみると

モノクロームは特に

ドラマチックでちょっとドライな

現実みたいな幻みたいな現実 

って感じました。


カラーのは、生き生きと絶望しながら生きてるみたいな

矛盾と混乱の中の美って感じ。


 退廃的に鮮烈。


魅力的な街みたい


ウェブマガジン「IMA ONLINE」で、

大道さんのインタビューも

公開されてる!

 

森山さん、大御所なのに、いつでも現在進行形で、淡々としていて、

ソフトなのにクールで鋭いのに軽やかで、

素敵だなあーーーー。と思います。

 

「展覧会は、Showという考え方が好き。 恭しく作品を見せるんじゃなく。」

 

「自分の撮ったイメージがTシャツに刷られたり、写真がお煎餅になったこともある。

何かの形で外に出ていくのが嬉しい、街で撮ったものを街に返す。。。。。。循環が好き」

 

「いっぱい撮ったからって満足感があるわけじゃない。」

 

「今撮った写真に「なんでこれ撮ったんだろう」って今でも撮ってて思ってる。

自分の作品の完成に向けて、という気持ちは無い。。。」

 

 

 

 

という言葉が印象的でした。

カッコええわあー。

 


 

 

 


写真美術館は大学の時初めて写真を教えてもらった先生が

立ち上げに関わっていたので施設ができた当時、

(もぅ20年以上前になるかも。。ぎゃー)よく入り浸っていて、

ガーデンプレイスのキラキラ感からちょっと裏道ってるこのレンガのとこから見上げる空とか


親み深いのです。