狂気のざわめきとカルミアと別マ




近所の自転車屋さんが昔ながらの店構えで超渋くて、パンクに困る若者や店先のごっちゃり雑貨で遊びにくる学校帰りの小学生や
電動チャリの不調を相談にくる女性に愛されてる古き良き昭和な雰囲気で大好きなのですが、
たまにレアそうなホンダのバイクとかを黙々となおしてたり、軒先では100円で古本やまんがも売ってます。
「おとぼけ課長」、「狂気のざわめき」。気になります。
200円箱には純文学とか思想系なレアっぽいラインナップ。

ちかくにできたナチュラルでシャレオツなサイクルショップに負けないでね!!
そんなわたしの暑苦しい心の叫びをよそに恰幅のいい店主のおっちゃんは
今日も淡々とお仕事中です。

雨上がりの湿気を含んだ感じの空気、
もう夏みたい。
SNSでは紫陽花の綺麗な写真がいっぱいで癒されますね。

なので紫陽花じゃない花を。


カルミア!
蕾は金平糖で花びらはパラソル。
岩館真理子さんの「五番街を歩こう」っていうオムニバスマンガに出てくるんだす。

このマンガ、タイトルが3話とも花の名前で、いまの季節にぴったり。
もー、わたしは小学生時代に真理子先生にドはまりしてマーガレット、別マとか読みまくってました。。
「まるでシャボン」と「アリスにお願い」も好きです。

ロングスカートとデッキシューズとか、
ラインのきれいなワンピースとハイヒールとか、
いま見ると80年代後半なお洋服がとてもかわいい、、
出てくる人物はなんとなく物憂げでメランコリー、、
さりげないひとことに説得力あったりして、、
80年代半ばと90年代始め頃がとても懐かしくなるわ。
読んでみてね!

恋愛だけに生きれるバブル時代の20代を夢見る小学生女子の頃は、
長い髪なびかせた大人っぽい大人になると思っていたのに、、
六本木でカルアミルク飲んで仲直りすると思ってたのに(笑)、、
ぶはー。
全然なれてないー。



ロングスカート買いにいこ!(笑)






トラックバック
この記事のトラックバックURL