友人に誘ってもらって
観てきました。野田MAP。エッグ。
すごかった。
再演の今回初めて観たのだけど、楽しんでるうちにズドンと考えさせられて
目が覚めて、笑わされて、唸らされてる。

「エッグ」という、オリンピック種目をかけた謎のスポーツのことから、
どんどんテーマが深く広く入り組んできて、息を飲む展開の後半。。

情報量の多さとスピード感で
わたしは途中で何度かストーリーから振り落とされかけてましたが、
2時間以上あるなんて思えない程あっという間の時間。

あんまり書くとまだ見てない人にばれちゃうけど、
ストーリーと時間軸と、出てくる人たちの人物像の変化、
いろんなメタファーとかイメージ、
数字とか背番号の使い方とか、
設定の中での日本の国の近未来?過去?現在?
計算し尽くされてるのか、委ねられてるのかの、バランスがすごいです。

登場人物がメッセージを直接的に背負わされ過ぎていなくて、
台詞が生き生きして逆に痛烈で明確なイメージが、
バシッとグサッと刺してくる。

軽さと重さの塩梅が絶妙なので、
あのことか、と明確に想起させる震えるような怖さとか、
切ないシーンや、痛々しさも絶望的なところも、
見ている間は目を背けられない引力を持ってて、ドキドキする。

余白がないけど、しっかり「なんか、わかんないここ!」
っていうモヤっとした部分も残り、ますます考えてたりして。
もう一回見たいわ〜。
で、こんどは伏線や引用も逃さずキャッチしたい。

色々グサグサくるんですが、
「記録はいつでも塗り替えられる」っていう台詞。
スポーツで言われると、当たり前みたいな言葉ってところが。
ちょっとぞっとした。

スポーツの熱狂が戦いの狂気に移行するにつれて、服装とか役者さんの佇まいが変わって行くのも、コタえる。
ひびのこずえさんの手がける衣装、素晴らしかった。

初演が2012年、その間に東京でのオリンピック開催が決まって、というタイムリーな、タイミングで、
そして、この何週間で起きたことやキナ臭い情勢も実感しつつ観たっていうのも
ズッシリきた理由かもしれません。。

そして、野田さん自身の舞台上での軽やかさ、衝撃でした!
最後はやられた!ってかんじ。

椎名林檎さん作曲野田さん作詞の劇中音楽は、「あーこれはあれのメタファーか?」とか、コードを読み取りたくて深読みしすぎたり。。
うーん。巧み。なのにキャッチーで無邪気。
深津さんの歌う声もいい!

しばらく抜け出せないわー。

今の時代のこの空気。。
あの時代のあの感じ?

ぼんやりしてられないわ
って、本当に思いました。
わたしは何が出来るかしら
ずっと考えてしまう。


周りの人にみんな見て欲しい!!
そしてお話したい。
そんなお芝居でした。


まだまだ消化不良だけど、
戯曲も買えばよかったー。

今回はフランスでも公演があるらしいです。
フランスの人たちはどう受け止めるのか興味深いっす。

自分の仕事をしていることを
もっと深くもっと自由に受け止めて
幅を広げていきたい
と思いました。


この記事のトラックバックURL : http://kaoruwatanabe.jugem.jp/trackback/1081

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

渡辺薫 ライブスケジュール

渡辺薫マイスペース

渡辺薫オフィシャルサイト

渡辺薫 オフィシャルサイト

Face Book Page 

Archive

Recommend

Jellyfishの夢の中
Jellyfishの夢の中 (JUGEMレビュー »)

ゆらゆらと透明な水に遊ぶジェリーフィッシュのように捉えどころのない魅力が全開。

深く、静かに音もなく、クラクラするほど恋してた。

甘いばかりじゃない恋を知る大人のための、アクアブルーなラブソング。

ウィスパーボイスに乗せて、恋するあなたに贈ります。

Recommend

気まずい足あと
気まずい足あと (JUGEMレビュー »)
渡辺薫


より道、ため息、流れ星。独自のソングライティングと気鋭のミュージシャンのサウンドで紡ぐちょっと切ない大人のおとぎの世界。8枚の絵が織りなす8曲のストーリー。1stアルバム「泳いできてね」から2年、待望のニューアルバム。

Recommend

kaoroomへようこそ [DVD]
kaoroomへようこそ [DVD] (JUGEMレビュー »)

kaoroomへようこそサムネイル.jpg


女の子だけの午後のリビングルームにて。

おなじみのオリジナル、カバーソングなど、渡辺薫のフェイバリットなナンバーがやわらかな光の中に伸びやかに軽やかに放たれるとっておきのアフタヌーン。

ライブDVD&ビデオクリップ集。



( CJRC-1201 2,000 yen )

Recommend

泳いできてね(リミックス・リマスター盤)
泳いできてね(リミックス・リマスター盤) (JUGEMレビュー »)
渡辺薫


何気ない、歌の端々に魅力的な息づかい。軽やかで、穏やかな歌声の奥に、聞く人を魅入らせる不思議な力。
各界で活躍中の気鋭のミュージシャンの奏でる音に乗って、 自由に解き放つ声の引力は、どこにでもありそうで、どこにもない世界へと、あなたの心を泳がせる。

(CJRC-0903 2,500yen)

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM